TOP MESSAGE トップメッセージ

  1. トップ
  2. 企業情報
  3. トップメッセージ

地球は小さくなりました。コロンブスの大西洋横断は2カ月以上、日本航空初の国際線は太平洋横断に約30時間かかっていましたが、現在では東京からロンドンやニューヨークまで13時間ほど。「小さな地球」を実現させたのは、航空機の発達です。

今日まで、航空機の安全性および利便性の発達を支えてきたのは、エンジンの改良やジャイロスコープ、新素材の活用はもとより、パイロット、整備士らの絶えざる努力の積み重ねの結果であることは言うまでもありません。一方で、オペレーティング・リースやエンジン・リースなどの航空機ファイナンスもその一翼を担ってきたと言えます。特に、運賃の安さが強みである格安航空会社(ローコスト・キャリア)の拡大を支えてきた大きな要素は、間違いなくオペレーティング・リースです。現在、コロナ禍において環境変化が生じておりますが、これらの航空機オペレーティング・リースは、流動性の高い高額資産として、日本を含め世界的に人気のある金融商品となっております。

私達JLPSグループは、航空機オペレーティング・リースの金融商品化において、多くの実績を重ね、ネットワークを構築してまいりました。他にも、海上輸送用コンテナ、船舶などのオペレーティング・リース、および太陽光発電設備などに対して、金融ソリューション力を活用し、独自性のある金融商品の組成・販売・運営を行っております。

これからも、お客様の多様なニーズに対して最適な金融ソリューションを提供し、金融を通じて経済の発展に寄与してまいります。

JPリースプロダクツ&サービシイズ株式会社

代表取締役社長  石川 禎二